2004年10月30日

恋の門・ザッツエンターテインメントムービー

image/jvmblog-2004-11-04T02:05:46-1.jpg今日は池袋で映画 恋の門(松尾スズキ監督、松田龍平、酒井若菜主演)を観てきました。

つい数ヶ月前に原作のマンガ
をふらっと読んでハマってしまい、
映画化を聞きつけて嬉々として映画館へ。

・・・なんというか、予想以上にめちゃくちゃでした。
これはホントに映画か?と。

のっけからド派手なオープニングは、テレビよりもテレビっぽい演出。平気で登場人物がCGで飛んでしまったり、これでもかっ!というくらいにオセオセな感じ。
一見無茶苦茶なようでも漂う暗くじめっとした雰囲気が拭えないマンガと違い、
ザッツエンターテインメント!と言う感じの底抜けに明るい映画でした。
いや〜おもしろかったですよ。映画館でこんな派手な映画観たのは久々(初めて?)かもしれません。


逆に残念だったのは、過剰にエンターテインメント性を追求したためか、
心底笑えるシーンがあまりなかったということでしょうか。
単体ではおもしろいのかもしれないけど、全体的に「おもしろくしよう」「楽しませよう」といったテンコ盛りな感じだと、どこで笑っていいのかが分かりづらい。

やはり、引いたとこ、締まったところがあるからおもしろいシーンは
引き立つのでは?と思ってしまうとちょっと残念。
あと2回くらい観たらもっと楽しめるのかな。


ま、でも酒井若菜はかわいかったし(こういうちょっとバカっぽい役、すごくハマリますね)、忌野清志郎が突然歌い出してミュージカルになるし、すご〜くお腹いっぱいになって帰ってきました。大満足でした!


posted by コバ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。