2004年10月30日

恋の門・ザッツエンターテインメントムービー

image/jvmblog-2004-11-04T02:05:46-1.jpg今日は池袋で映画 恋の門(松尾スズキ監督、松田龍平、酒井若菜主演)を観てきました。

つい数ヶ月前に原作のマンガ
をふらっと読んでハマってしまい、
映画化を聞きつけて嬉々として映画館へ。

・・・なんというか、予想以上にめちゃくちゃでした。
これはホントに映画か?と。

のっけからド派手なオープニングは、テレビよりもテレビっぽい演出。平気で登場人物がCGで飛んでしまったり、これでもかっ!というくらいにオセオセな感じ。
一見無茶苦茶なようでも漂う暗くじめっとした雰囲気が拭えないマンガと違い、
ザッツエンターテインメント!と言う感じの底抜けに明るい映画でした。
いや〜おもしろかったですよ。映画館でこんな派手な映画観たのは久々(初めて?)かもしれません。


逆に残念だったのは、過剰にエンターテインメント性を追求したためか、
心底笑えるシーンがあまりなかったということでしょうか。
単体ではおもしろいのかもしれないけど、全体的に「おもしろくしよう」「楽しませよう」といったテンコ盛りな感じだと、どこで笑っていいのかが分かりづらい。

やはり、引いたとこ、締まったところがあるからおもしろいシーンは
引き立つのでは?と思ってしまうとちょっと残念。
あと2回くらい観たらもっと楽しめるのかな。


ま、でも酒井若菜はかわいかったし(こういうちょっとバカっぽい役、すごくハマリますね)、忌野清志郎が突然歌い出してミュージカルになるし、すご〜くお腹いっぱいになって帰ってきました。大満足でした!


posted by コバ at 00:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月11日

毎週金曜日のお楽しみ。

ものすご〜く くだらないものにハマッています。
それが毎週金曜深夜にテレ朝でやっている、
ああ探偵事務所」というドラマ。
 
ああ探偵事務所という冴えない探偵事務所を開く妻木(永井大)が、
毎回毎回さまざまな事件に巻き込まれて、解決に導いていくという
極めてわかりやすいストーリー。
 
これがホントにくだらない、いかにもテレビ的なベタベタなドラマなんだけど、
推理あり、恋愛あり、お色気ありと、いろんな要素を詰め込み放題。
例えていうなら閉店前のパン屋の菓子パンの詰め合わせみたいな感じ。
 
テンポよくサクサクっと進んでいくので、思いっきり肩の力を抜いて、
思考停止状態で楽しめるんですな。
ドラマというより、むしろザッツエンターテインメント!という感じです。
 
主役の永井も毎回変装はするし、酒井若菜はかわいいくてちょっとバカな役にハマッてるし、
辺見えみりもセクシーでキャスティングもいい感じ。
 
 
来週で最終回なんですがだけど、ヒマのある方は是非。
たまには、ネジを緩めすぎたくらいの週末を。
posted by コバ at 18:07| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年08月29日

『誰も知らない』見てきました。

誰も知らない話題の映画、『誰も知らない』を見てきました。
 
すごくよかったです。
 
元の事件があまりに重いテーマだったため、正直腰が重く、あまり気が進まなかったのですが、心配は無用でした。
 
確かに扱っているテーマ自体は、ものすごく重く、暗いものではあるけど、脅迫的な感じがまったくなく、あくまで淡々と、力強くで生きる子どもたちの姿をイキイキと描くことに徹したのが逆によかったのでしょう。
 
普通、こういう題材の映画って、多少ある面を大げさに誇張してみたり、ド派手な見せ場を作ってみたり、あるいは感情移入させるような主観的な描き方をしそうなものです(それがエンターテインメント的といえばそうなんでしょうが)。
が、この映画はフィクションでありながらも、ややドキュメンタリー的な撮り方をだなあと思いました。
過剰な演出がほとんどない。
 
これが、例えば主人公の立場でおもいっきり感情移入するカタチで描かれていたり、変にナレーションが入っていたりすると、きっとまったく違った映画になっただろうと思います。
 
近すぎず、遠すぎず、ほどよい関係と距離。
それが,この映画がよかった理由かなと自分は感じましたよ。
 
あと、カンヌで絶賛されたという主演の柳楽(やぎら)君の演技はもちろんですが、他の出演者もよかったです。
 
それぞれのキャラがちゃんとたっていて、子どもたちもきっちり演じきっていたし。
母親役のYOUもどうかと思ったけど、すごくハマッてました。あの面倒くさそうな、ダメっぽい感じが。
ナイスキャスティングでしたね。
 
 
 
ところで、話は変わります。
僕がこの映画を観たのは、新宿テアトルタイムズスクエアだったんですが、ここがひどい。
何がひどいって、座席が異常に狭いんです。
幅も狭く、座面も小さい、その上座席間が狭い、となれば上映終了後にはかなりの苦痛な状態に。
 
あり得ないですよ、このつくり。
終了後のロビーやトイレでは、「腰が痛い」「足が...」の声もちらほら。
短編映画ならまだしも、2時間半の長丁場ではここは厳しいかも。
 
ということで、この映画を見に行かれる方、「新宿テアトルタイムズスクエア」以外で観ることをオススメします。
posted by コバ at 23:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画・テレビ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。