2004年10月10日

神様のステージ。

ジョアンの来日まさかこんな心地よい贅沢な時間を過ごせる時がくるとは・・・
今日はボサノヴァの神様・ジョアンジルベルトの来日コンサート@東京国際フォーラムへ。

73歳のおじいちゃんが、大きなステージの真中にちょこんと座って、ギターを弾く。
それを、5000人もの人々が見守っている。知らない人がみたらなにごとかと思う、ちょっと不思議な光景かもしれません。


はじめて生で聴くジョアンの演奏は、ちょっと語弊があるかもしれないけど、CDでいつも聴いている演奏とまったく同じものでした。
実際にはギターの演奏も歌い方も、アドリブをいれながら自由に楽しみながら演じているのだけど、それ以上に声の質や演奏のレベルが、レコードを収録したときとなんら衰えることがないということに感動したのです。
今から20年も30年も前に収録したときと変わらない声、そしてギター。
そして、いつもCDを通して聴こえてくる歌とまったく同じように、しかし目の前でささやくように聴こえてきます。
しっかり最後の方にはおなじみの「おいしい水」や「イパネマの娘」も演奏してくれて、観客を楽しませことも忘れていません。

ジョアンのステージは音楽以外の派手な演出もなければ、MCや曲の紹介さえも何にもなかったけれど、終わったあとの至福感は他に代えようがないものでした。


そういえば途中、ものすごい拍手が鳴り止まなくてなってしまう光景も・・・。
これもそうそうあることではないと思います。
おそらく、ジョアンは拍手が止むのを待っていたのだろうけど、
なかなか拍手は止まず、慌ててスタッフが「次の曲が始まりません。止めてください」って言って回ったほど。

ジョアンは、静かに自分の音楽に耳を傾けてくれる日本でのステージが気に入った、という話を聞いたことがあります。

次があるのかはわからないけど、もし生涯のうちに機会があればあの奇跡をもう一度、じっくりと味わってみたいなあと思います。
願わくば、窮屈なホールなんかではなく、海の見える静かなところで、コーヒーでも飲みながら。


posted by コバ at 00:00| 東京 🌁| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月23日

ふたたび恵比寿。

今日もまた恵比寿でフリーライブ。
いやぁ、ここまでタダで楽しませてもらうとなんだか逆に申し訳ない感じ。
今日のゲストは、saigenjiでした。
 
彼の演奏を観るのはこれが2回目。
う〜ん、やっぱりすごい。
あのギターとボイスパフォーマンスにまたまた圧倒されてしまいました。
 
今回はフリーライブだから?逆にちょっと渋めの曲が多かったような気がします。
実際、古いフォルクローレのようなものも演奏していました。
最後は「ボサノヴァのイベントなんで」ということで、ボッサのスタンダードナンバーもプレイ。
 
やっぱり外で音楽を聞くのもなかなかいいもんですね。
 
 
posted by コバ at 22:59| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2004年09月19日

ひやじょうあつこのライブ。

3連休2日目、比屋定篤子さんのライブに行って来ました。
恵比寿ガーデンプレイスで行われているイベント、
tokyo bossa nova 2004のフリーライブです。天気は抜群、ちょっと風が強く、日の光が降り注ぐ広場の真中でそのライブは行われました。

hiyajyo atuko
ソニーレコード時代の彼女の作品は、隙がない上質なポップスに少しだけボサノヴァ等南米音楽のエッセンスを取り入れたような感じで、正直あまりしっくりきませんでした。

が、今年はじめに数年ぶりに出したアルバム「ひやじょう
」は、やり過ぎない、ほどよい完成度が気持ちいい作品。アレンジも以前のようにくどくなく、すっきりした感じで、彼女の声の魅力を引き出していると思います。


そんな感じで新しい作品を中心に行われたライブ、これが期待以上によかったんです。

ちょっと独特の無機質な感じの歌声は、思った以上に力強く、伸びのある声は野外でも十分響きわたっていました。
ギターの笹子さん(ショーロクラブ)との息もバッチリ。
ある一曲を除いて(笑)。

アルバムの中でも気に入っていた「君を照らすよ」という曲(サイゲンジさんが提供している曲)、かなり早くてメロディも複雑で歌いづらそうな曲なんだけど、これは厳しそうでした。
比屋定さんは歌詞を忘れてしまうし、笹子さんはどんどん早くなってしまうし。そもそも笹子さん、この曲のギターは向いていないのかも・・・。
この曲はぜひサイゲンジさんと一緒に歌って欲しいな。


彼女の歌声を生で聞いたのはこれがはじめてだったんだけど、
「比屋上篤子は生だ」って思いました。
10月の西麻布のライブも行きたいなー。日程的には平日で厳しいけど。
posted by コバ at 23:48| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。